注文住宅のガレージ施工

###Site Name###
TOP > 注文住宅のガレージ施工

注文住宅は敷地内のエクステリアにも工夫を凝らすことができます。エクステリアとは外構と呼ばれることもあります。

建物以外のスペースの総称として理解しておいても良いでしょう。
注文住宅ならではのエクステリアもあります。
例えばバリアフリー対策です。

交野市の不動産の人気が上昇しています。

バリアフリー対策に基づくエクステリアの施工例は種類がありますが、ガレージの設計に注目しましょう。

ガレージの駐車スペースにあわせて、玄関との連絡通路スペースを施工することで、軽自動車やミニバンあるいは小型トラックなどの荷物の搬入と搬出がスムーズになります。高さを工夫するから可能になるのですが、ガレージと連携がポイントです。つまり玄関から出て、マイカーの荷台などの後部座席シート部分などに、スムーズに荷物の出し入れが出来るような高さのスペースをエクステリアとして施工する方法です。

マイカーの車体そのものは、一段低くなっています。



一段低くなっているガレージそのものは、道路と同じ高さです。

注文住宅のガレージは、道路の高さと、建物の高さとの両方に配慮して、設計することがポイントです。

車椅子や台車を、玄関から車内まで段差なしのフロア移動ができるように設計することも可能です。

注文住宅はガレージそのものを住宅の内部に組み込むことも可能ですから、エクステリアは応用と言えます。



注文住宅のガレージ施工では、マイカーの駐車スペースであると同時に、家族の体に負担をかけないように荷物などの搬入と搬出をスムーズに行えるように工夫して設計してもらえます。